コースID:-
郡上市北上桜めぐり
-
-
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
走行ルート
観光情報
みどころ/会員特典
郡上市は、南北に約52キロメートルあり、標高は約100メートルから1,000メートルの高低差があるので、長い期間桜がお楽しみいただけます。桜と一緒に遠くには雪山を望むこともできるかもしれません。郡上市の南の玄関である「道の駅美並」で、コーヒーとモーニングサービスでお腹と元気をチャージして出発!国道156号を北上すると、国道沿いに深戸の桜並木が見えてきます。この桜並木は、岐阜県の飛騨・美濃さくら33選にも選定されています。春の風を感じながら、北上しましょう。八幡町に入り、愛宕公園と城山公園で小休憩。愛宕公園の南隅に郡上八幡城主・遠藤慶隆が植えたとされる「墨染めの桜」があります。城山公園から郡上八幡城へ登ると、天守閣から春の郡上八幡の町並みを一望できます。大和町に入り、明建神社に参拝。参道は、約100本のヤマザクラとソメイヨシノの桜並木のトンネルになります。ランチは、道の駅古今伝授の里やまとでのんびりと。午後からも国道156号をさらに北上します。白鳥町に入り、岐阜県の天然記念物に指定されている、宮本武蔵が1本のヤマザクラを植樹して逗留の礼としたという伝承がある「藤路の桜」をお楽しみください。白山文化博物館、長滝白山神社で霊峰白山の白山文化を感じてください。パワースポットでもある長滝白山神社で、マイナスイオンをいっぱい浴びてラストスパート。春のお花めぐりとして、最後におすすめするのは、ひるがの高原のミズバショウ。湿原植物園を散策して、さわやかな高原を満喫してください。旅の最後は、牧歌の里温泉牧華で心も体もリフレッシュ。郡上の春満喫ドライブ、お楽しみください!
観光ポイント
詳細
閉じる
付加情報
(それぞれの印刷は個別画面で印刷してください)