コースID:-
芸術の秋✿絶景パノラマラインを見ながらニセコ日帰りドライブコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
1,460円/1,460円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
枯れ落ちる直前に華やかに色づく木はとってもきれいですよね!紅葉を楽しまずに冬を迎えてしまうのは寂しい!今年は思い切って、少し遠出をしませんか。後志の紅葉ポイントをぐるりとまわる、ロングドライブへご案内します。   札幌からまず高速で小樽を目指して出発。小樽からは昨年秋に全線開通した国道393号で赤井川村へ向かいます。小樽のまちを見下ろす毛無峠を越えて少し走ると、次は仁木町・共和町を経由して岩内町をめざします。途中で通り過ぎる稲穂峠は絶好の紅葉ポイント。素晴らしい景色をお見逃しなく。    さて岩内に着いたら道の駅いわないへ。観光情報はもちろんちょっと一休み。すぐ横には木田金次郎美術館もあるので芸術の秋に浸るのもおすすめ。芸術よりも食欲の秋という人は岩内市内に数多い寿司店で、自慢の握りを味わってみるのもいいでしょう。  おなかがいっぱいになったら、いよいよパノラマライン(道道66号)のツーリングへ。ニセコまでの約40分、錦絵のような風景を走るワインディングロードです。車窓の景色があまりに美しいので、できるだけゆっくり走りたいと思ってしまうはず。もしかしたら、道ばたにひょっこり顔を出すキタキツネにも出合えるかもしれません。パノラマラインの中間点には、これまた紅葉の名所として知られる神仙沼があります。パーキングに車を止めて、神仙沼まで散策用の木道を歩くと往復で約1時間。カラフルな森の中を歩く、ちょっとしたハイキングが楽しめます。  パノラマラインの終着点はニセコ町。牧場直営のミルク工房でおいしそうなスイーツを選んだり、道の駅ニセコビュープラザの直売所で、とれたてのジャガイモやタマネギなどを品定めしたり、楽しみ方はいろいろです。時間に余裕があるなら、温泉で日帰り入浴するのもいいアイデア。けれど、そろそろ太陽が傾いてきたと思ったら早めに出発すること。帰路もきれいな風景が続くので、明るいうちにハンドルを握りましょう。羊蹄山の美しいシルエットや、燃えるように色づいた中山峠が見どころです。道の駅「望洋中山」では名物あげいももお忘れなく。まだ余力があれば、定山渓や豊平峡の紅葉狩りに立ち寄るのもいいかもしれません。