コースID:-
おうちでも楽しめる!歴史ロマン溢れる夏の行田・熊谷日帰りドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
※情報内のリンクは外部サイトを開きます。
みどころ/会員特典
出発は羽生ICからスタート!まずは、古代蓮の里にある「古代蓮の里」。行田市指定の天然記念物でもある古代蓮は、原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると言われています。園内にそびえる展望タワー「古代蓮会館」では、行田蓮発掘調査の記録や研究論文を紹介しています。蓮の見頃は、6月下旬~8月上旬ですが、「古代蓮会館公式instagram」では、可憐に咲き誇る蓮の写真を多数掲載。ぜひチェックしてみてくださいね!つづいては、「埼玉県立さきたま史跡の博物館」。埼玉県行田市のさきたま古墳公園(9基の大型古墳からなる埼玉古墳群(国の史跡)を整備した公園内にある博物館です。現在、「家でも学べる埼玉古墳群」「テーマ展WEB展示室」など家に居ながら楽しめるコンテンツを公開中。古墳について詳しくなった方にオススメなのが「行田市はにわの館」です。ここは、「はにわ作り」を体験できる珍しいスポット。指導員の方の指導のもと誰でも気軽に自分だけのはにわが作れます。ホームページでは、はにわ作りの動画を公開中!自分ならどんなはにわを作ろうか...?イメージが膨らみますね。行田の歴史スポットで外せないのは、なんといっても「忍城址(おしじょうし)」です。忍城は、室町時代の文明年間(1469年~1486年)の初め頃に築城。戦国時代には、豊臣秀吉の関東平定に際石田三成らによる水攻めにも果敢に耐え難攻不落の「浮き城」と呼ばれるようになりました。忍城では「忍城おもてなし甲冑隊」が活動しており、ブログやtwitterでは行田市のオススメ観光情報を発信しています。歴史探訪のあとは、熊谷にあるイタリアンジェラート専門店「ジェラート マリノ」でひんやりしましょう。天然果実をそのままくり抜いて器にしたソルベは天然果汁100%。フルーツの風味とみずみずしさがお口いっぱいに広がります。公式通販サイトではマリノ自慢のジェラートをお取り寄せできます。作り立ての美味しさをご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。