コースID:-
自然の神秘。樹氷と氷瀑(ひょうばく)を見に稲武へ!日帰りドライブコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
〈見頃は1月中旬から〉冬の稲武の大自然に魅せられること間違いなし!大自然が織りなす稲武の自然を感じに さあ出発です。まず最初に向かうのは、稲武郷土資料館です。明治百年を記念して収集された民俗資料・歴史資料を母体とし、旧稲武町民から寄贈された資料を合わせ一般公開しています。次に向かうのは どんぐりの湯です。若い人からお年寄りまで楽しめる新しいスタイルの温泉で、稲武の地元の旬の素材にこだわった多種多彩なお料理食材楽しめるレストランもあります。古橋懐古館は三河古橋家6代暉皃(てるのり)が1863年平田門に入り、国学者や維新人の遺墨を求め、7代義真・8代道紀がその志を継承し、展示公開しています。次に向かうのは、稲武地区のビュースポット大井平公園です。 秋の紅葉が終わると次は冬の氷瀑を楽しめます。大井平公園付近(六郎木)にある滝に、柱を建て12月から毎日毎日、山水をかけ続け巨大なツララを作りあげたものです。氷瀑のライトアップは本当に神秘的で、一見の価値ありです。公園には「風のつり橋」があります。美しい自然と綺麗な空気の賜物である「稲武の風」百年の森から噴き出す風・名倉川の清流を渡る風にちなんで名前が付けられたそうです。最後は、面ノ木原生林の樹氷を見に行きます。天竜奥三河国定公園の特別保護地区に指定され、樹齢300年を越えるブナの原生林です。展望台からは富士山を望める日があります。冬の寒さの厳しい12月中旬以降になると、木々が真っ白に色づいた美しい樹氷を見ることもできます。稲武の大自然を満喫するドライブいかがでしたか。お気をつけてお帰りください。