コースID:-
【大阪】冬こそ出かけよう!丘を覆いつくすスイセンの花と、美しく輝く金剛山の樹氷 ~千早赤阪村~
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
4,500円/2,670円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
寒さなんて気にならない!ほっこり癒しの冬旅をお届けします。大阪府唯一の村・千早赤阪村は、府下最高峰を誇る標高1125mの「金剛山」を有する金剛生駒紀泉国定に抱かれた自然いっぱいの村です。 また、南北朝の武将「楠木正成」ゆかりの地でもあり、楠公ゆかりの神社や遺蹟、史跡が点在しています。「道の駅ちはやあかさか」の周辺には 村立郷土資料館、楠公生誕地碑、産湯の井戸がある他、南へ徒歩約3分の所には大きな石積塔があります。奉建塔と呼ばれているこの塔のたもとには、冬になると約5万本のスイセンの花が咲き乱れ、丘をおおいつくします。見ごろは例年1月初旬~2月中旬ごろで、一帯に甘い香りが漂います。また、金剛山の冬の風物詩といえば“樹氷”です。 金剛山は四季折々の美しい自然と変化に富んだ登山コースで、多くの登山愛好家や地元の人々から愛されています。特に、冬の金剛山は大阪でもっとも多く雪の降る場所として有名で、例年12月末から2月中旬ごろにかけて、美しい樹氷の花を見ることができます。ゆっくりと、冬の登山をお楽しみください。※ご注意) 金剛山ロープウェイにつきましては2019年3月より運行を停止しています。併せて「香南荘」につきましても2019年8月より休館中となっております(詳細は千早赤阪村HPよりご覧ください)。一面銀世界に包まれた山上には、「ちはや星と自然のミュージアム」や「府民の森 ちはや園地」があり、金剛山の自然の展示がご覧いただけるほか、星空観察会の開催、自然観察のガイドツアーの実施といった自然に触れあえるイベントを行っています。※観光情報、樹氷の状況等につきましてはホームページ等で事前にご確認ください。登山には冬山登山の装備が必要です。事前にご確認のうえ安全な登山をお楽しみください。また、周辺の道路では冬用スタッドレスタイヤやタイヤチェーンが必要になる場合がございますのでご注意ください。作成:JAF大阪支部 2016年10月 更新2020年1月(一社)千早赤阪楠公史跡保存会イメージキャラクター「まさしげくん」