コースID:-
感動を求め・・・本州最南端の地へ。
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
高速道路を降りて国道42号線へ。海が見えたら・・・そこは太平洋。潮風を感じながら本州最南端の地へ・・・いざ出発です。太平洋に沿って国道42号線を南下し、先ず最初に到着するのは南高梅で有名な梅の産地、南部町。紀州梅干館でちょっと寄り道を。南部町を出て次の目的地は白浜町です。白浜といえば・・・温泉・・・パンダ・・・とっても魅力的ですが今回は「海」が主役ですので白浜町の志原海岸を目指します。志原海岸まであと少しの所に道の駅 椿はなの湯があり、無料で利用できる足湯が併設されています。暫し足湯に浸かってリフレッシュ。道の駅 志原海岸に到着。目の前には海!岩礁もあって干潮時は絶好の散策スポットに。志原海岸で海を満喫したら、さらに南へ。約30分ほど走行すると道の駅 すさみがあります。景色も素晴らしいですが、駐車場内に併設されているすさみ町立エビとカニの水族館で紀伊半島近海に生息しているエビ・カニ等をはじめ、珍種の甲殻類を見るのも良いですね。道の駅 すさみを出発し、いざ本州最南端の町、串本町へ。ゴールである潮岬の入り口をあえて通過し、橋杭岩へ向かいます。橋杭岩は800m以上にわたり、大小様々な岩が並ぶ名勝で天然記念物に指定されています。言い伝えでは「大島への橋をかけようとした弘法大師が天邪鬼に邪魔をされ、杭にする岩だけが残った」とされています。そして、いよいよ感動のフィナーレ。先ほど通過した潮岬入り口の信号より本州最南端である潮岬へと車を走らせます。※国道42号線の潮岬入り口の信号は「東」と「西」がありますが、どちらの入り口もゴールの潮岬へ繋がっていますのでご安心を。潮岬に到着すると・・・言葉を失うくらいの 絶景!目の前に広がる広大な水平線・・・この感動は一生の思い出になるでしょう。