コースID:-
神話の里 白兎海岸&魚見台の絶景と自然の夏を体感しよう!
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
※情報内のリンクは外部サイトを開きます。
みどころ/会員特典
白兎海岸は日本の渚・百選の一つで神話「因幡の白兎」伝説の舞台となった海岸で夏になれば海水浴場として賑わっています。海岸から歩いて5分ほどの所に古事記や日本書記にも記載されている白兎神社。白兎神が大国主命と矢上姫の縁を取り持った事から縁結びの神様と言われています。白兎神社のすぐそばにある道の駅「神話の里 白うさぎ」では、いけすを泳ぐ活魚や鳥取の海の幸を用いた料理を楽しむことができます。道の駅をでて国道9号線を西に10km程行くと右手に魚見台があります。その昔、漁師がここから魚群を探していたため「魚見台」と名付けられ、高台にある展望台では日本海が一望でき、素晴しい景色と潮風がすがすがしい気分にさせてくれます。魚見台から東へ3km程戻ると右手に「鹿野町」へ曲がる看板がでてきます。道なりへ進むと街並みと県民の建物100選に指定されている鹿野町へ。江戸時代初期、亀井氏が城を築いたことで城下町が形成され商工業が盛んな街として賑わいを見せていました。鹿野往来は、道幅や水路が400年前の形でほぼ残っており、心地よい散策を楽しめます。鹿野城跡公園は現在天守などの建物はなく石垣などの遺構が残されており、つつじと桜の名所としても有名。思いっきり泳いだ後は、風情ある城下町で散歩がてらゆっくりされてはいかがですか。