コースID:-
瀬戸内の風景と夢二のおもかげをたずねて 岡山県瀬戸内市
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
備前インターより県道260号線を蕃山ICから岡山ブルーライン(県道397号線)を走行します。岡山ブルーラインには、道の駅 黒井山グリーンパーク、道の駅一本松展望園の2つの道の駅があります。道の駅一本松展望園は、瀬戸内海のビュースポットです。邑久ICを降りて県道39・26号線を牛窓町へ向かいます。バス停「オリーブ園入り口」の所の信号を左折します。なだらかな丘陵を登って行くと牛窓オリーブ園があります。園内の展望台からは、オリーブの丘と海がぐるりと見渡せます。同じ道をバス停「オリーブ園入り口」まで降りてくると信号を左折します。400mくらい走行すると海遊文化館に着きます。館内を見学後車は駐車したまま本蓮寺に向かいます。石の階段を登って行くと本蓮寺に到着します。牛窓町を後に県道39号線を戻り、邑久ICの少し手前を左折して県道224号線を600m走行すると夢二郷土美術館 分館があります。夢二が16歳までを過ごした生家。夢二が幼少年時代に過ごした子供部屋、茅葺の屋根も生前そのままに保存し、公開しています。生家の近くにある「少年山荘」は、大正13年 東京松原(現在の世田谷区松原)に夢二が自ら設計して建てたアトリエのある住居を復元したもので、またの名を「山帰来荘」とも言います。穏やかな瀬戸内の港町・牛窓と邑久町の夢二の生家の旅。お楽しみください。