コースID:-
神聖な砂を使った宮島焼~冬の定番・牡蠣
-
-
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
宮島焼は御砂焼とも呼ばれ、宮島の神聖な砂を粘土に混ぜて焼いています。JR宮島駅前付近に3軒の窯元があり、それぞれに特徴がある宮島焼をあつかっています。広島の冬のグルメとして知られる牡蠣。宮島対岸の地御前地区も昔からの牡蠣の産地として知られています。地御前漁港には約20ものの牡蠣屋が集まっておりそれぞれの店舗では購入、及び地方発送できます。また事前予約をして行けば牡蠣打ちの見学をすることもできます。廿日市市は木工のまちとして知られており、木材・木製品関連の工場が多くあります。特にけん玉は、現在多くの方々に親しまれている「けん玉」の原型である「日月ボール」の発祥の地であり、現在も一つ一つ職人の手作業で作られています。けん玉の製造やけん玉教室は廿日市市木材利用センターで行っています。(見学可能/要電話予約)