コースID:-
土佐の武将が愛でた桜を求めて高知の居城跡めぐり
-
-
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
岡豊(おこう)城跡は岡豊山に築かれた山城で、戦国時代に四国統一を果たした長宗我部元親の居城です。2008年7月28日に国指定史跡になったこの城跡からは香長平野が一望できます。春には、見事な桜が岡豊山全体に咲きます。 五台山からは高知市街と浦戸湾が一望できます。五台山公園は、桜やつつじの名所として知られ、季節の植物を楽しみながら散策できます。また、この五台山には、「よさこい節」に出てくる脇坊純信で知られる竹林寺や高知県立牧野植物園があります。なお、五台山の道路は西側から上り、南側に下る一方通行ですので、ご注意ください。 雄大な太平洋に面した桂浜公園にある浦戸城跡では、桂浜にそびえ立つ坂本龍馬の銅像が迎えてくれます。浦戸城もまた長宗我部元親の居城でしたが、関ヶ原の戦い後に入場した山内一豊が、高知城に移り廃城となりました。桂浜公園には、高知県立坂本龍馬記念館や土佐闘犬センターなど見所が多く、多くの観光客が訪れます。 桂浜から高知市内中心部にある高知城を目指します。高知城は、山内一豊が約400年前に築城した城として有名ですが、1727年の大火の後、約250年前に再建され、現在もその優美なたたずまいを保ち続けています。この城の三の丸は桜見の名所で、桜の開花情報の基準になる標準木もここにあります。※ドライブコースは2011年11月現在の情報です