コースID:-
迫力満点!国宝と大滝、大自然を感じる癒し満喫ドライブ♪
-
-
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
東九州自動車道「臼杵インター」を出発すると約5分ほどで、第一ポイント「国宝 臼杵石仏」に到着する。ここ臼杵石仏は、平安時代から鎌倉時代の古い石仏が存在しており、古園石仏、山王山石仏、ホキ石仏第一群、ホキ石仏第二群の4群の60余体にもおよび、このうち59体が国宝となっています。施設内は歩きやすいコースで1時間くらいで見学できます。臼杵に来たらぜひ寄ってみたいポイント。続いて向かうのが、豊後大野市緒方町にある「ベジ・カフェMs(エムズ)」。臼杵石仏を出て国道502号線を豊後大野市方面に走行すると、大分県の自然豊かな風景を感じられながら約1時間ほどで到着する。ここは、豊後大野野菜ソムリエクラブのメンバー有志のサポートにより運営されており、野菜ソムリエそれぞれの個性とこだわりが、ベジカフェMs.の副菜メニューに活かされています。豊後大野の野菜をふんだんに使ったランチやホームメイドケーキなど、「からだ」が喜ぶ食を提供してくれます。また、同施設内には大正・昭和・戦中・戦後、苦しく貧しかった時代の農家の暮らしを人形で再現した「おくぶんご緒方荘 俚楽の郷 伝承体験館」があり、JAF会員価格(団体料金適用:1グループ)で入館できます。食事を堪能した後は、大分のナイラガラと称される「原尻の滝」までは車で約5分。この滝は「日本の滝100選」「大分県百景」のひとつにあげられており、幅120m、高さ20mを誇り、9万年前の阿蘇山の大噴火、その大火砕流によって もたらされた「田園地帯に突如出現する」とてもめずしい大滝とのこと。さらにこの滝は、世界最大の旅行サイト トリップアドバイザーのエクセレンス認証を2017年度に続き2018年度も認定された有名な滝です。※エクセレンス認証とは、トリップアドバイザー上で過去1年にわたり5満点評価のうち、4以上を維持し、素晴らしい口コミを一貫して得ている施設に贈られるもの。 そんな知名度のある滝を見るオススメのスポットは3つ!!!1つ目が滝の前にかかる吊り橋から滝を正面から見る。2つ目は下に降りて滝を下から近い距離で見る。3つ目に雄大な滝を間近で見下ろすこともできます。(*^_^*)豊後大野市に訪れたら、ぜひ寄っておきたいポイント☆雄大な滝を見た後は、最終ポイント「久住高原コテージ」へハンドルを握ります。途中「道の駅 竹田」では、地元の農家さんが心を込めて作ったお野菜や加工品を中心に取り揃えているためここでの購入をお勧めします。また、ソクトクリームがJAF会員価格(50円引)で購入できますので、ドライブの休憩に立ち寄りたいポイント(#^.^#)その後、約30分ほどで、最終ポイント「久住高原コテージ」に到着する。ここでは、阿蘇五岳と祖母の山並みを天候がよければ彼方に望むことができる、露天風呂「満天望温泉」に浸かることができる。 青く澄みきった空を見上げればゆっくりと流れてゆく白い雲。そんな素晴らしいしい眺望を、お湯の中から、じっくりと味わいながら至福のひとときをお過ごしください(*^_^*)なお、立寄り湯の利用時間は11:00~19:00までです。