コースID:-
食欲の秋・塩竈で寿司を味わい松島で月を愛でる!日帰りコース
-
-
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円 (一部不明区間あり)
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
★塩竈で寿司を味わう塩竈・石巻・気仙沼と全国有数の漁港がある宮城県は生マグロ・カツオ・サンマなどは全国トップクラスの水揚げを誇り、近海もののホタテやシャコ・赤貝・アナゴ・アワビ・ホッキ・ウニなどの魚介類の種類も豊富。また米どころとしても有名で、ササニシキやひとめぼれなどの宮城米は全国からも高い評価を得ています。新鮮な魚と美味しい米が出会い、美味しいお寿司となります。★観瀾亭建物は東西に向き京間18畳2室からなり四方縁をめぐらした簡素明快な建築です。 床の間の張付絵や襖絵は壮麗な極彩色で画かれいます。柱間1間6尺5寸の京間で、軽快な起りを持つ屋根などから桃山時代の建築であると考えられています。 藩主の納涼、観月の亭として「月見御殿」とも呼ばれましたが、公式な記録によりますと藩主・姫君・側室等の松島遊覧や幕府巡見使等の諸国巡回の際の宿泊及び接待用の施設となる「御仮屋」として利用されていました。 江戸時代の終わりまでこの敷地内には藩主などの随行人の部屋、台所、馬屋など11棟あまりの建物が存在しており、観瀾亭はその中の一部分が現存しているもので貴重な建物です。