コースID:-
秋の味覚と温泉を満喫する!宮城県亘理から福島県高湯温泉へ1泊2日コース
-
-
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
910円/640円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
★秋の味覚亘理町のはらこ飯秋鮭の旨みを存分に楽しむ郷土料理「はらこめし」。亘理町荒浜地区が発祥とされ、古くから地元で愛されている。鮭を煮た煮汁で炊いたご飯のうえに、鮭の身とツヤツヤの「はらこ(いくら)」をたっぷりとのせた逸品。★天然記念物材木岩白石川の左岸にあり、高さ100m、長さ200mほどの範囲に石英安山岩、角閃石に属する岩脈が続き、五角・六角・多角形など、さまざまな柱状節理を示し、材木を立て並べたように見える。昔、飛騨工匠が一夜のうちに不動堂を立てようとしたが夏の夜は短く、もう一息のところで夜が明けてしまったので、材木片を河中に投じて去った。それが岩と化して材木岩となったという言い伝えが残されています。★高湯温泉福島屈指の名湯と名高い高湯温泉は、山麓の狭いエリアに自然湧出の源泉が10箇所あり、源泉個々に「滝の湯」「仙気の湯」といった名前が付けられています。 これらは全て昔の共同浴場の名称で当時は源泉のすぐ側や真上に浴槽がありました。 現在は温度の低い源泉「熱湯」は使用されておらず、施設引湯源泉数は9つとなっています。*共同浴場では源泉かけ流しの温泉が楽しめます。★東小富士秀麗な小型の富士山を思わせ、地元の人々にも古くから親しまれている名山。  駐車場脇から10分程度で登山道(階段)を登りつめると、直径約500mの火口の眺めは圧巻で、火口底までの高低差は約70mあります。  火口壁をぐるりと一周すると浄土平や福島盆地など展望も抜群。一周約1時間かかります。  時計回りをおすすめします。砂礫の登山道は滑りやすいので注意してください。強い風が吹くことも多いです。★フルーツライン福島市の西側に広がる吾妻連峰の麓を走る、約14kmにわたる福島県道5号線の愛称です。この区間には果物畑が広がり、販売店や果物狩りができる観光果樹園が数多く並んでいます。なし      概ね8月下旬~10月上旬ぶどう    概ね9月中旬~10月上旬