コースID:-
さくら色に染まる松戸を廻る日帰りドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
 京葉道路、市川ICから北に約6kmで室町時代に北条氏と里見氏が戦った古戦場跡の【里見公園】に到着です。毎年、「桜祭り」が行われ花見客が大勢訪れるので近隣の駐車場に車を停めてのんびり「さくら見物」を楽しみましょう。 さらに、江戸川沿いに約2km北に進むと江戸時代、江戸川を往来する渡し船の船着き場として栄えた 【矢切の渡し】や伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の一節を刻んだ【野菊の墓文学碑】などの名所、旧跡があり、訪れた人の気持ちをのどかな気分にさせてくれます。 次は、松戸駅近くで国の重要文化財に指定されている【戸定邸】に向かいます。ここは、水戸藩最後の藩主、徳川昭武の邸宅で重厚さと気品を備えた佇まいが素晴らしいです。 次は、「さくら並木」が数多く残る常盤平に向かいます。新京成常盤平駅前にある【常盤平さくら通り】では、樹齢40数年を越える「さくら」がたくさん咲いて見事な花のトンネルを造ります。帰路は京葉道路、原木ICへ。