コースID:-
ちょっと立ち寄り~空の玄関口~成田周辺をまわる旅
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
※情報内のリンクは外部サイトを開きます。
みどころ/会員特典
水と緑と成田山新勝寺、言わずと知れた成田国際空港のある成田市を紹介します。成田市は、千葉県の北部中央に位置し、佐倉市、香取市、銚子市とともに北総四都市の町並みが、平成28年「日本遺産」に認定されました。まず始めに宗吾霊堂に向かいます。開府は古く桓武天皇の時代(8世紀)にまで遡ります。征夷大将軍坂上田村麻呂が房総を平定し、戦没者供養のため建立された真言宗豊山派の寺院です。また、今では重税に苦しむ農民を救った、江戸時代の義民佐倉宗吾の菩提寺としても知られています。境内には、宗吾の遺品を集めた宗吾霊宝殿や宗吾御一代記館があります。 続いて、おみやげ店、飲食店が軒を連ねている成田山表参道を楽しみながら、成田山新勝寺に向かいましょう。成田山新勝寺の奥に広がる広大な敷地に三の池があり、成田山書美術館は、その池のほとりにあります。さらに、成田国際空港に隣接する成田市さくらの山公園向かいましょう。通称さくらの山は、成田国際空港建設によって失われた、サクラの木が植栽されて、公園の名称となっています。成田国際空港滑走路の北側の小高い丘の上にあり、間近で飛行機の発着を見ることができます。週末になると、他府県からの家族連れで賑わっています。 最後は、子どもから大人まで楽しめる成田ゆめ牧場を紹介します。100年以上も前から美味しい牛乳を造り続け、秋葉牧場から観光牧場、成田ゆめ牧場になりました。動物とのふれあいから乳搾りなどが楽しめ、味覚狩り体験参加もお勧めします。圏央道下総ICから車で2分というアクセスの良さも魅力のひとつです。
【プレゼント企画】   成田市観光協会から「なごみの米屋 ぴーなっつ最中」16個詰を3名様にプレゼント※2016年10月31日(月)をもって応募を締め切りました。