コースID:-
初夏の葛飾菖蒲まつりを満喫!
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
1,320円/300円 (一部不明区間あり)
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
このコースは葛飾区の初夏で一番盛り上がるお祭り【葛飾菖蒲まつり】を満喫するコースです。葛飾菖蒲まつりは毎年6月上旬から中旬にかけて堀切会場と水元会場の2会場で同時開催される葛飾区のビックイベントです。まずは、堀切会場を満喫。首都高速中央環状線小菅ICを降りて約5分【堀切橋駐車広場】に車を駐車。徒歩約7分で【堀切菖蒲園】に到着。堀切地域は江戸種と呼ばれる花菖蒲の発祥の地として、幕末から明治・大正にかけて、日本のみならず一躍世界にその名を知られ、歌川広重ら多くの絵師によって浮世絵に描かれています。堀切菖蒲園を満喫した後は、荒川河川敷にある堀切水辺公園へ。東京スカイツリー®と荒川、花菖蒲を一度にカメラに納めることのできる唯一の場所として多くのカメラファンが訪れる人気のスポットとなっています。次は葛飾区の北東に位置する【水元公園】へ。水元会場となっているはなしょうぶ園には約100種14,000株の花菖蒲が咲いており、自然の中に咲く花菖蒲を満喫できます。水元会場を楽しんだ後は、江戸川に沿って南下し、【柴又】観光を満喫しよう。【柴又公園駐車広場】に駐車して、平成24年12月にリニューアルオープンをした【葛飾柴又寅さん記念館】と同日オープンした【山田洋次ミュージアム】を観た後は、【葛飾区山本亭】で抹茶を嗜もう。続いて、【柴又帝釈天】と昭和レトロな雰囲気の【柴又帝釈天参道】を柴又駅方面へゆったりとまち歩き。ゴールの柴又駅では「フーテンの寅」像がこちらを向いてお出迎えしてくれます。