コースID:-
富山湾・立山連峰の夜明けコントラスト 「けあらし」を見に行こう
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
能越自動車道 高岡ICより出発です。まずは《道の駅 雨晴》へ。日本の渚百選にも選ばれている雨晴海岸は、晴れた日には富山湾越しに3000m級の立山連峰が一望できる、富山県屈指の立ち寄り(SNS映え)スポット。天候、海水温と外気温の条件が揃うと、夜明けと共に海面付近で水蒸気が沸き立ち『けあらし』が発生します。その光景はとても幻想的です。なかなか見る事は出来ませんが、立山連峰から差し込むご来光と女岩富山湾がオレンジ色に染まる光景と、けあらしを撮影しようと多くのカメラマンさんも訪れます。雨晴を北上し、道の駅 氷見 番屋外に隣接する《氷見温泉郷 総湯》にて入浴しながらこの光景を楽しむのもひとつです。自然の神秘をカメラに収めた後は、昔ながらの街並みが残る高岡中心部へ。普段の高岡市街地の金屋町など土蔵造りの町並みも風情が有りSNS映えしますが、雪の中の町並みは一層風情が有りぜひ写真に収めていただきたいポイントです。町並みの中にある《高岡御車山会館》にも寄りましょう。年に1度の5月1日、高岡市の中心部にて行われる高岡御車山祭は400年以上続く祭礼行事です。館内には常設展示として実際に曳き廻される御車山と、現代まで続くものづくりの伝統によって作り出された平成の御車山が展示されており、細部を間近でじっくり見ていただけます。イケメン大仏とも呼ばれる高岡大仏にも寄りましょう。雪を纏(まと)う 高岡大仏も普段とは違った表情を見せてくれます。ぜひ訪れてみてください。最後に高岡ICに隣接する《道の駅高岡 万葉の里》へ飲食スペースではご当地グルメでも有名なブラックラーメンをはじめとするカラーラーメンをお楽しみください。また高岡市ご当地大仏コロッケも人気です。目でも舌でも写真に収めても楽しんでください。国道8号線へ戻り、お帰りは能越自動車道 福岡ICより気をつけてお帰りください。
《道の駅 雨晴》Souvenir Shop ARISO  店内商品3,000円(税込)以上購入の方、100円(税込)引き   会員本人のみ Cafe ISOMI TERRACE  雨晴サンデー(ブルーハワイ・マンゴー・抹茶)購入代金 1個当たり50円引き     会員含む5名まで 《氷見温泉郷 総湯》     日帰り入浴料 大人のみ 100 円引 (平日限定)土曜日・日曜日・祝日は除く    会員のみ 《高岡御車山会館》  観覧料 団体料金適用  会員含む5名まで《道の駅高岡 万葉の里》  売店 商品購入代 5 %割引   会員本人のみ