コースID:-
森林を駆け抜けて新緑の南砺に癒されよう
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円 (一部不明区間あり)
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
北陸自動車道 砺波IC から出発です。国道156号線から国道472号線を経て利賀村地域へ。まずは癒しをテーマに建てられた《瞑想の郷》に向かいましょう。ネパール王国ツクチェ村との友好関係により、来日した絵師が描いた曼荼羅図と仏画4大作を納められています。続いて 蕎麦の郷 《そばの郷》 へ。日本で初めてのそば資料館で世界のさまざまなソバの種子の展示をはじめ、歴史や民俗などの多彩な視点からそばの世界を伝えます。 付近には、そば料理が味わえるほか、そば打ち体験が楽しめる施設もあります。 南砺の文化に触れた後は《天竺温泉の郷》で旅の疲れを癒しましょう!利賀の最高峰「金剛堂山」の麓、1,100メートルから湧出した天竺の湯で身も心もさっぱり!!国道156号線に戻り 《拾遍舎》 で美味しいお蕎麦や地元で取れた山菜の天ぷらや川魚をお召し上がりください。《道の駅たいら 五箇山和紙の里》では、五箇山伝統の和紙の体験や可愛い和紙の小物の販売もありますので、お楽しみください。世界遺産 相倉合掌集落内にある 《相倉民俗館・伝統産業館》 では 、村人たちが長い年月をかけて使い古した民具類を展示しており、文化遺産のこれら一つひとつから、当時の村や村びとのくらし方が感じられます。 また、食、灯、祝、祭などの視点からは、先人の知恵や苦労と、心を寄せ合ってきた人間の歴史を語りかけてくれているようでもあります。相倉民俗館は旧尾崎家の住宅そのままに民俗資料などを展示。相倉伝統産業館の旧中谷家住宅には和紙生産資料が展示してあります。最後に《城端曳山会館》へ向かいます。越中の小京都とも呼ばれる旧 城端町の曳山展示や、土蔵内で展示されるお祭りの衣装や車輪も間近でご覧いただけます。お帰りは東海北陸自動車道 福光ICよりお気をつけて!
・瞑想の郷 1、入館料         10%割引               会員を含む5名まで 2、宿泊料金(要予約) 一泊二食付正規料金10%割引  会員を含む6名まで・そばの郷 そばの館 入館料    10%割引               会員を含む5名まで     ・天竺温泉の郷 1、入浴料         大人 小人 10%割引       会員を含む5名まで 2、宿泊料金(要予約) 一泊二食付正規料金 10%割引  会員を含む6名まで・拾遍舎  飲食代 10%割引                会員を含む1グループ ・道の駅 たいら 五箇山和紙の里  和紙の里入場料金 団体割引料適用      会員含む4名まで   ・相倉民俗館 相倉伝統産業館 入館料 団体料金適用              会員本人のみ  ・城端曳山会館 入館料 一般 100円引   高、大生50円引  会員含む5名