コースID:-
岐阜の街並みと文化と温泉を堪能するてんこもりの旅
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
2,420円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
この旅は、本物志向の旅人が行くちょっとおつなスポット満載のコースです。まず訪れるのは、歴史ロマンあふれる美濃市。ここでは、歴史ある町並みと伝統の美濃和紙に触れ、落ち着いた大人の時間を。昼食を済ませた後は、高速で一気に飛騨へ。大衆向けの観光地ではない、ちょっとおつなスポットを目指し、飛騨の奥座敷・飛騨古川に到着。まずは、やはり「飛騨の匠」の技に触れる。ということで「飛騨の匠文化館」へ。匠の技に浸った後は、しんみりと瀬戸川べりを歩いて、酒蔵が並ぶ「壱之町」を通って「三嶋和ろうそく店」へ。和ろうそく作りを見学したら、2件隣の「日根野美術館」で休憩。十分に飛騨古川を楽しんだ後は、今日の宿泊地・神岡へ。車で30分、神岡に到着。今日の宿は、昭和レトロの雰囲気たっぷりの「すみや旅館」しかし、神岡に来たらやはり食べたい「神岡とんちゃん」市内にはいくつかとんちゃんを出す店があるので行ってみよう!2日目は、朝9時に神岡を出発して、癒しの奥飛騨温泉へ。小一時間で平湯温泉に到着。1時間ほどゆっくり温泉に浸かり、夢見心地。体がぽかぽかになったところで、旅の最終目的地、飛騨高山へ。高山では、もちろん赤い中橋と雪のコントラスト、古い町並み「上三之町」、東山の寺街散策、そしてランチはやっぱり飛騨牛で決まり!心もおなかも満足したところで、安全運転で帰路へ。