コースID:-
下呂満喫ルート01 巨石と食べ歩きと酒造見学だってばさ(下呂市南部から下呂温泉へ)
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
東海環状線もしくは国道41号から下呂温泉へお越しの際のルートならこれ!「巨石と食べ歩きと酒造見学」です。まず、富加関ICから下呂へ向かいます。下呂市に入った頃、ちょうどお昼の時間になるので、「日帰り天然温泉ゆったり館」で昼食を。道路向いにある「道の駅かれん」とともに地元民もよく利用する施設で、特に「鶏ちゃん」定食がおススメです♪入浴施設も付随しているので、ゆったりのんびりお湯につかるものまた気持ちがいいです(滞在時間90分)。ゆったり館を後にし、山道を30分ほど進むと突如として現れる金山巨石群。太古の昔、この巨石を用いて太陽を観測し、暦を読み取っていたのではないかと推測されています。真偽のほどはまだ分かりませんが、とにかく巨石の存在感に圧倒。神秘的な気持ちになります。公園としても整備されているので、森林浴としての散策も楽しいです(滞在時間30分)。同じ道をまた戻り、次は「高木酒造」の酒蔵見学。享保5年(1720)創業で、これまでに全国新酒鑑評会での金賞など数々の賞を受賞。とってもお話し上手のおかみさんの説明を聞きながら、酒蔵見学をお楽しみください。「飲み比べ」もできますよ♪(要予約:0576-33-2033)(滞在時間:30分)そして、食べ歩きと言えばここ、地元でもファンが多い「なとり」のコロッケ。揚げたてのコロッケはまた美味しさ格別。超おススメの一品です♪(滞在時間10分)車中でコロッケをほおばりながら次は「玉龍寺」へ。ここは江戸時代初期、飛騨国主であった金森氏一族に再興された由緒あるお寺。秋は100本を超える5種類のもみじが境内を真っ赤に染めあげ、その景色は見事です(滞在時間30分)。国道41号の下呂市金山町から下呂温泉までの道中は「中山七里」と呼ばれ、景勝地として有名です。初春は桜、初夏は岩ツツジ、秋は紅葉、冬は雪景色を四季を通じてお楽しみいただけるドライブコース。下呂温泉街までの約40分間をお楽しみください。下呂温泉に到着。お宿でのんびりするもOK。下呂温泉街散策もOK。下呂の温泉と街をお楽しみください。