コースID:-
日本風景街道をゆく~静岡・なごみの伊豆 なごみの道
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
天城から河津までのルートは、川端康成作「伊豆の踊子」の舞台としても知られています。◆start◆「旧天城トンネル」◆end◆は車で通り抜けもできますが、道幅が狭く交互通行となりますので、新旧天城街道の分岐点にある水生地下駐車場に車を止めて、歩いて神秘的なムードを味わってみてはいかがでしょうか。国道414号線を南下し、天然のマイナスイオンたっぷりの◆start◆「河津七滝」◆end◆へ。1時間のハイキングコースで七つの滝めぐりを楽しむことができます。続いて巨大な「河津七滝ループ橋」を渡って下田へ。下田は幕末に黒船が来航した地で、開国の歴史にちなんだ旧所・名跡が残されています。また、ペリーの黒船を再現した◆start◆「伊豆クルーズ」◆end◆の遊覧船(黒船サスケハナ号)に乗って下田港をめぐるコースもなどもあります。伊豆最南端にある「石廊崎」から伊豆七島の景色を満喫したあとは、国道136号線を北上し伊豆西海岸へ。伊豆西海岸からは、駿河湾と富士山の美しいロケーションが楽しめます。また、日本の夕陽100選にも選ばれた西伊豆町では、夕暮れ時になるといたる所で感動的な景色が広がります。最後は伊豆東海岸へ。自然あふれる◆start◆「城ヶ崎海岸」◆end◆は、天城火山の溶岩が流出してできた雄大なリアス式海岸です。門脇崎の海の吊橋は、長さ48m、高さ23m。揺れる橋の下で波が砕ける様子はスリル満点です。文人に愛された湯の街伊東や熱海では◆start◆「東海館」◆end◆や◆start◆「起雲閣」◆end◆など、文化観光施設をご堪能ください。東名沼津ICから国道1号線・136号線・414号線は朝夕混雑が予想されますので、時間に余裕をもってお出かけください。