コースID:-
家康公顕彰400年記念 復元は近い!?駿府城の軌跡をたどる静岡街中コース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
徳川家康公は、人質時代の約12年、五カ国戦国大名の約5年、大御所として幕府の実権を握った約10年、75年の生涯のおよそ三分の一を駿府(静岡市周辺)で過ごしました。現在に残る家康公ゆかりの名所を巡ってみませんか。駿府城跡・坤櫓(ひつじさるやぐら)は、江戸時代と同じ材料、工法で160年ぶりに復元された高さ約14m・二層3階の隅櫓です。内部ではガラス張りの床から磁石の上に太いヒノキの土台がのっている構造などを見ることが出来ます。駿府城公園は、春は桜の名所として有名で、4月初旬には静岡まつりの会場として賑います。専用駐車場はありません、周辺の有料駐車場をご利用ください。静岡浅間神社の現在の建造物は1804年から60年もの歳月をかけて再建されたものです。竹千代時代の家康公が元服した神社としても知られ、資料館には家康公や徳川家ゆかりの品々が展示されています。