コースID:-
織田信長公の天下取りの出発点を辿る 清須日帰りドライブコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
郷土の英傑・織田信長公の天下取りの出発点であり、戦国の世を終結させ天下太平を目指す重要拠点の清須を辿るコースです。 清洲城は、織田信長公が弘治元年(1555)に入城し、尾張を統一掌握したころの居城。本能寺の変で斃れた信長公の跡目を決める清須会議の後、城主となった次男、信雄によって改修され、天主・城下町などあらゆる機能を備えた城塞都市となりました。 清洲公園内にある小山には、26歳の織田信長公が桶狭間の戦いに出陣する姿を模した銅像が建ち、桶狭間を見据えています。 清洲古城公園には、信長公を祠る小社があります。毎年6月2日には郷土の英傑を讃え、社前で「織田信長公顕彰祭」が行われます。 総見院は、信長公の菩提寺として建立され、本能寺の変の際に信長公が着用していたと言われる焼兜の他、多くの文化財を所蔵しています。