コースID:-
東三河日帰り~東海道二川宿と豊橋の自然をめぐる~
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
東名高速道路豊川ICスタートです・豊橋市自然史博物館には、アナトサウルスやマンモスをはじめ、古生代から新生代までの化石が年代順に展示してあります。自然史博物館前の芝生広場には、実物大ぐらいの恐竜の像が何体も立っています。豊橋総合動植物公園は、オーストラリア園、アフリカ園、極地動物園、仲よし牧場などの動物園と大温室のある植物園もあり、大人から子供まで楽しめる、一大アミューズメント施設。二川宿本陣資料館は東海道三十三番目の宿場町で、大名が泊まる本陣と一般人が泊まる旅籠屋の様子が解る資料館。   葦毛湿原(自然公園)は、湿性植物、高山性植物、食虫植物等、250種類が自生し、また昆虫も約200種類が生息し「東海のミニ尾瀬」 と呼ばれる弓張山系の西側に位置する湿原。石巻山は、海底が隆起してできた山といわれ、石灰岩の岩肌はその昔珊瑚礁だったころの名残だと言われています。小型の陸貝も何種類か生息しており、国の天然記念物に指定されています。お帰りは東名高速道路豊川ICよりとなります。