コースID:-
日本の歴史を紐解けin小牧・犬山 日帰りドライブコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
愛知で歴史を紐解く日帰り旅です。小牧城は、安土桃山時代(16世紀後半)に建てられた国宝「飛雲閣」(京都市)をモデルに設計されました。現在は郷土資料館として、公開されている小牧城で歴史の一端に触れたら、次は『犬山城』へ向かいます。 『犬山城』は天文六年(1537年)現在の位置に天守が造営され、現在では唯一の個人所有となっているお城です。織田家によって建造された犬山城で、戦国時代の歴史に触れた後は、最後の観光スポット『明治村』へ向かいます。明治村の名のとおり、明治の時代に触れることのできる園内は、タイムスリップしたかのような感覚になれる場所と言えるでしょう。電気に溢れた現代から少し離れて、蒸気機関がやっと登場した時代に触れたら、今回の旅も終わりです。