コースID:-
おくにnavi愛知 知多半島・日間賀島は冬も旬、新鮮な魚介類と伝統のモノづくりを満喫する日帰りドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
常滑やきもの散歩道から鎌倉時代建立の岩屋寺、弘法大師上陸像、師崎港から日間賀島を巡る知多半島・日間賀島を満喫するコースです。知多半島道路・常滑ICから、国道155号線で松原交差点より陶磁器会館前に出ます。まずは 常滑やきもの散歩道に向かいます。散策を楽しめる散歩道です。次に、岩屋寺に向かいます。知多八十八か所めぐり43番 国の文化財に指定されています。次に、弘法大師上陸像に向かいます。海にたたずむ弘法大師上陸像は絵になります。次に、師崎港に車を置き、高速船で日間賀島まで、10分です。こちらは、トラフグとタコが有名です。最後は、酢づくりの昔と今を紹介する日本で唯一の体験型博物館MIZKAN MUSEUMです。見学後は,名物の「尾州早すし」をご堪能ください。お帰りは知多半島道路・阿久比ICから。