コースID:-
名古屋の歴史・文化に触れる名古屋城下町日帰りコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
名古屋城は、慶長17年、徳川家康の子義直の居城として築城。戦災で焼失したが昭和34年に金のシャチをいただく五層のの大天守閣と小天守閣が再建されています。 名古屋能楽堂は、日本建築様式の優美な外観、木の香漂う内装、総木曽檜造りの能舞台と630席の広々とした見所が特徴です。 四間道は、名古屋の城下を流れる堀川の西側にあって、江戸時代の初め慶長15年に名古屋城築城とともに始まった清須越にともなってつくられた商人町です。屋根神様 円頓寺商店街は、名古屋駅と名古屋城のほぼ中間に位置しています。円頓寺は、大須などとともに昔は繁華街で、今も名古屋の下町の雰囲気が残っています。 柳橋中央市場は、観光客対象に毎週金曜日と土曜日、朝8時30分から1人1,000円で市場見学ツアーを行っています。気軽に食べられる店も有り女性に人気です。
JAF会員限定! ドライブでお得なガソリンスタンドを紹介しております。詳しくはへこちらへ