コースID:-
身近な古代再発見 遺跡・古墳を辿る名古屋日帰りドライブコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
名古屋市内の遺跡や古墳を巡り、古代の史跡に想いを馳せる名古屋日帰りドライブコースです。見晴台遺跡は笠寺台地南端に位置し、面積約3ヘクタール、高さ約15メートルの平坦な舌状台地上にあります。遺跡からは、縄文から中世までの遺物や遺構が発掘されています。竪穴住居だけでなく濠や高坏土器なども発掘されており、質・量ともにすぐれた遺跡です。白鳥古墳は熱田白鳥庭園の東、堀川御陵橋より白鳥古墳墳丘を望む全長74mの前方後円墳で、白鳥御陵と呼ばれています。八幡山古墳は直径82m、高さ10m、外周は幅10mの濠になっており、名古屋台地を支配していた豪族の墳墓と推測されます。緑地保全地区に指定されて円周には桜が植えられ、春には隠れた桜の名所になっています。