コースID:-
堺旧港周辺と浜寺公園コース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
1,320円/560円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
 室町から安土桃山時代に天然の良港だった堺港は、海外貿易港としても発展、大和川の付け替えで衰退しましたが、江戸商人と堺の人々により築港・修理され、今の堺旧港の原型ができました。現在では、現地にある日本最古の木造洋式灯台「旧堺燈台」や、市制110周年記念事業で復元建設された「龍女神像」とともに、プロムナードのある親水ゾーンとして親しまれています。 古来から白砂青松の景勝地だった浜寺は、公園開設と鉄道開通とともに行楽地・別荘地として発達。堺が誇る建築物の一つ登録有形文化財の浜寺公園駅駅舎など、旧堺港周辺と浜寺公園を巡る半日コースです。 阪神高速15号堺線堺ランプ出口から約7分で大浜公園駐車場に到着。蘇鉄山、旧堺燈台、龍女神像が望める親水プロムナード地点(対岸からの見学)へは、徒歩による移動となります。浜寺公園で楽しんだ後は、駅舎への移動は徒歩でお願いします。走行ルート以外に、徒歩移動時間(距離)、観光所要時間が必要です。大浜公園駐車場→徒歩約6分(0.4km)→蘇鉄山→徒歩約11分(0.75km)→旧堺燈台(15分)→徒歩約10分(0.65km)→龍女神像(15分)→徒歩約9分(0.6km)→大浜公園駐車場浜寺公園→徒歩約6分(0.4km)→浜寺公園駅駅舎(15分)→徒歩約5分(0.35km)→浜寺公園駐車場 ※徒歩移動時間(距離)は、個人差がありますので目安としてご利用ください。【走行ルートと合わせた総所要時間:3時間2分】※施設の閉館やイベントが中止になる場合がございます。事前にご確認ください。