コースID:-
大阪のてっぺん”で地元の特選素材を味わい、修験道の地で温泉三昧-能勢・箕面
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
780円/780円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
※情報内のリンクは外部サイトを開きます。
みどころ/会員特典
大阪の最北端、能勢町で秋の恵みを味わい、箕面市で温泉と滝道を満喫するドライブするコースです。自然がいっぱいの能勢町にはかつて「三白三黒」と呼ばれた特産物があります。三白は米・寒天・高野豆腐。そして三黒は能勢炭と能勢栗の「銀寄」そして黒毛和牛です。この季節、ぜひ味わいたいのが、最高級の栗として高級菓子にも使用される「銀寄」と三黒のひとつ「能勢黒牛」です。栗栖山栗園で「銀寄」の栗拾いがお楽しみいただけるほか、道の駅能勢くりの郷では生の栗やジャムなどの加工品がお買い求めいただけます。「能勢黒牛」は中植牧場でのみ飼育されている希少品種。こだわりの飼料で大切に育てられた牛は、脂があっさりしていて、しかもコクがあると評判です。古くから修験道の道場でもあった箕面は大阪でも屈指の良質な温泉地としても有名です。まずは阪急箕面駅前に駐車して滝道を散策しましょう。役小角(えんのおづぬ)が開いた日本最初の根本道場「西江寺」、宝くじの起源「箕面富」で有名な「瀧安寺」、そして最終地点には「箕面大滝」と見所が満載です。ドライブの最後は「大江戸温泉物語箕面温泉スパーガーデン」でリフレッシュしましょう。※施設の閉館やイベントが中止になる場合がございます。事前にご確認ください。