コースID:-
「歴史街道」をめぐる旅  聖徳太子ゆかりの地を訪ねる ~太子町・斑鳩・明日香~
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
0円/0円 (一部不明区間あり)
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
※情報内のリンクは外部サイトを開きます。
みどころ/会員特典
伊勢~飛鳥~奈良~京都~大阪~神戸を結ぶ300kmのルート上には、古代から現代まで、日本の歴史の舞台が連なります。それらを巡り先人から受け継いできた文化や歴史を体感することによって、日本と日本人の心を世界に発信し、次の世代に伝えていこうとするプロジェクトが「歴史街道」です。 太子町は、大阪府の東南部・金剛山の西麓に位置し、自然と歴史につつまれた町です。町内には、613年に敷設されて約1400年になる「竹内街道」という日本最古の官道が通っています。 まずは南阪奈道・羽曳野東ICから「叡福寺」へ。聖徳太子の御廟があることで有名で「太子まいり」と呼ばれ親しまれている大乗会式は、聖徳太子の命日にちなんで4月11日と12日の両日に行われます。この2日間は太子の徳をしのんで近郷・遠在から大勢の参詣者が詰めかけます。境内は多くの露店が並び、大変なにぎわいをみせます。 その後は太子町周辺の歴史を学びに「近つ飛鳥博物館」や「推古天皇陵」、「竹内街道歴史資料館」を訪れてみてはいかがでしょうか?歴史資料館の近くに、「道の駅近つ飛鳥の里・太子」もあります。太子みかんソースや太子最中など、太子町の名産品をお土産にしてはいかがでしょうか。 「太子温泉」では旅の疲れをゆっくりと癒していただけます。※竹内街道は、道幅がかなり狭くなっていますので、「道の駅近つ飛鳥の里・太子」の駐車場に車を停めて、徒歩で散策することをおすすめします。 竹内街道を経由し、奈良県へ。まずは王寺町にある聖徳太子ゆかりの寺「達磨寺」を目指します。太子が飼っていたという「雪丸」くんに会えたら、隣町の斑鳩町へ。斑鳩町は、4~7世紀に古代国家の礎を築いた古代ロマンの里。 聖徳太子建立の寺院として約1400年の伝統をもつ「法隆寺」をゆっくりと観光してください。隣接の「斑鳩の里観光案内所・法隆寺iセンター」では歴史街道の情報も得られます。 次に、明日香へ向かいます。日本初の女帝・推古天皇の摂政として、聖徳太子が十七条憲法を制定するなど古代国家の基礎が形成された場所です。点在する史跡巡りにはぜひレンタサイクルをご利用ください。歴史街道を旅しながら、古代の世界に想いを馳せてみませんか?※施設の閉館やイベントが中止になる場合がございます。事前にご確認ください。