コースID:-
旧海軍の港町 呉。護衛艦に潜水艦 いろんな船を見て乗ろう
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
※情報内のリンクは外部サイトを開きます。
みどころ/会員特典
呉市は明治22(1889)年に呉鎮守府が開庁、明治36(1903)年に呉海軍工廠が設立され、旧海軍の港町として栄えました。軍艦「宮古」や戦艦「長門」、そして戦艦「大和」など多くの艦が建造されました。戦後も当時の技術が現代に引き継がれ、現在も造船業が盛んな町です。また、海上自衛隊の呉基地が置かれ、護衛艦や潜水艦が停泊している風景を見ることができます。船の歴史と呉の歴史は密接に関連しています。市内では、船や艦をテーマにした博物館や史料館が点在しています。中には、実際に乗艦できるスポットもあります。船をテーマに、楽しく学びながら巡ってみてはいかがでしょうか。島の温泉施設も紹介しておりますので、お時間があればゆったり温泉に!大和ミュージアム10分の1戦艦「大和」がシンボルの博物館。平和の大切さや科学技術のすばらしさを伝えます。科学の不思議をゲームで体感できる展示室もあり、お子さんも身体を動かしながら楽しく学ぶことができます。土曜日にはワークショップ、日曜日にはサイエンスショーが開催されます。内容については、ホームページをご確認ください。海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)日本で初めて実物の潜水艦「あきしお」を展示した施設。内部を実際に見学できます。操舵席に座ったり、潜望鏡を覗いたりしてみましょう。アレイからすこじま日本で最も間近に現役の潜水艦を見ることのできる公園。毎週日曜日には、隣接する海上自衛隊呉基地(Fバース)で護衛艦などの一般公開が行われています。公開内容などについては、ホームページをご確認ください。長門の造船歴史館館の中央には1200年前の姿に復元された遣唐使船を展示。近くには、日本の渚・百選にも選ばれた桂浜もあります。万葉の時代の風景を想像してみては。