コースID:-
県北の春を訪ねて・・「那須与一」ゆかりのサクラ、深入山の新緑と聖湖
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円 (一部不明区間あり)
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
源平合戦「屋島の戦い」で有名な弓矢の名手、那須与一。そのゆかりの地である寺領与一野地区には「与一野のしだれ桜」があります。この見事な一本桜は、4月中旬が見頃です。与一野へは戸河内インターから三段峡方面へ。トンネル手前で左の側道に入り、150メートル先の路地を右に入ります。桜のあとは、近くにある県内有数の大スギ「梶ノ木の大スギ」へも立ち寄りましょう。春の遅い県北も、この時期になると暖かい陽の光が降りそそぎます。標高1,153mの「深入山」にも草々の新芽が芽吹き、冬の茶色から鮮やかな緑に変わっていきます。遠く日本海まで眺められる山頂からの大パノラマは感動的。三段峡の川上にあたる「聖湖」も、周囲の山々の新緑を映し、藍色の湖面をきらめかせています。