コースID:-
八千代湖に映るサクラ、北広島町の伝統芸能と文化財を巡るドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
千代田インターを出てすぐ左手に「芸北民俗芸能保続伝承館」があります。この施設は神楽をはじめとする芸北地区の芸能を紹介しており、2011年11月にユネスコ無形文化遺産に認定された「壬生の花田植」に関する展示も多くあります。 近くの小高い丘の上には「古保利薬師」があり、収蔵庫には重要文化財である仏像が多くおさめられています。 千代田インターから東に向かうと、土師ダムによりつくられた人造湖、八千代湖があります。ダム湖の周回路沿いには約6,000本の桜の木が植えられ、満開の時期には湖面を一面ピンク色に染めます。桜の見頃は3月下旬から4月上旬。周回路の一部にはサイクリングロードもあり、桜をながめながら走ることもできます。 土師ダムから国道54号にでて広島市内方面に向かうと「佐々井厳島神社」があります。宮島の厳島神社にゆかりがあり、管絃祭で使った「おかげん船」を収蔵しています。