コースID:-
日本風景街道 歴史街道「萩往還」
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
500円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
小郡インターから山口市内を目指します。国道9号から国道262号を通って道の駅あさひに向かいます。ここで少し休憩を入れます。萩往還の名残がよく残っている一升谷石畳への道は旧旭村明木地区にあります。ここは車が乗り入れできないので近くに停めて徒歩で向かいます。 萩市街へ入る手前に道の駅萩往還公園があります。ここには吉田松陰の記念館があり無料で観覧できます。また、道の駅萩往還道路に車を停めて徒歩で鹿背隧道に行ってみましょう。鹿背隧道は1886年(明治19年)に完成した石巻工法のトンネルです。萩城は関ヶ原の合戦に敗れた、毛利輝元により築城されました。萩往還は萩城を起点に毛利氏によって参勤交代の「御成道(おなりみち)」として開かれました。萩城はその後、明治維新後解体され、今は城郭の一角だけが残り、指月公園として整備され、季節によって違う風景が楽しめます。さらに市内には、維新の志士たちの多くが学んだ史跡松下村塾や、2万5千本の自生した椿の花が見事な笠山椿群生林など多くの見どころがあります。帰りは美祢インターから帰路につきます。萩の名産物は夏みかんです。市内のあちこちのお店で夏みかんソフト、夏みかんジュース等を売っていますので味わってみましょう。また、萩は日本海で捕れた新鮮な魚介類も有名です。是非堪能してください。