コースID:-
瀬戸内の魅力満載!日帰りで巡る柳井白壁の町並みと笠戸島のひらめを食する
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
玖珂インターを出発します。 県道70号線から柳井市内に向かいます。柳井中学校前交差点を右折して、やまぐちフラワーランドへ。ここでは一年中様々な種類の花が栽培されています。老若男女問わず楽しめる催しや、体験講座、展示会も随時行われています。 次に、県道70号線に戻り、白壁の町並みを訪れます。、白壁ふれあい広場の近く、もしくは周辺の駐車場に車を止めて、観光します。 柳井の甘露醤油は有名ですが、その製造工程などが佐川醤油蔵で見学できます。醤油造りの道具も展示されてます。 国木田独歩旧宅は今は記念館として公開されています。館内では、独歩が使用していたといわれる机や琴が展示されています。 国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれている白壁の町並みはとても美しいです。街路に面している白壁と格子窓の家並みを眺めながら散策しましよう。 普賢寺は海難守護のご利益がある仏様が安置されています。また幕末には奇兵隊が駐屯していたことでも有名なお寺です。 柳井から国道188号線で下松市を目指し、笠戸大橋を渡ります。笠戸島と言ったらひらめで有名です。国民宿舎等で味わえます。また、ひらめの他にもふぐやたこも有名です。ぜひ一度、ご賞味ください。 ひらめを堪能した後は徳山東インターから帰路につきます。