コースID:-
明治維新胎動の地 城下町「萩」を巡る日帰りドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
明治維新胎動の地「萩」を訪れます。山口インターを下りて国道262号線を北上し萩へ向かいます。国道262号線沿いは萩往還(江戸期の街道)と隣接しており、多くの志士たちが京都や江戸に向けて駆け抜けた街道です。萩市内観光はまず◆start◆萩城跡◆end◆ からです。毛利36万石の居城として関ヶ原の合戦で徳川家康に敗れた毛利輝元によって築かれました。今は石垣のみが往時の面影を偲ばせます。萩城跡の堀には、今人気の◆start◆萩八景遊覧船◆end◆があります。川面から眺める城下町の風情は格別です。萩市内観光は、貸自転車が便利です。スマイル貸自転車は萩城跡入口にあり、車を置いて自転車で萩市内の散策が楽しめます。◆start◆萩博物館◆end◆は、萩市が奨める「町じゅう博物館」構想の中核施設として建設されました。城下町「萩」を楽しく学べます。◆start◆菊屋家住宅◆end◆付近は、土塀やなまこ塀の続く城下町の雰囲気を色濃く残した町並みが続きます。◆start◆藍場川◆end◆は江戸期に作られた用水路で、鯉の泳ぐ川沿いは貸自転車での散策には格好のスポットです。大照院は毛利藩偶数台の廟所で、歴代藩主の墓前には藩士から寄進された石灯籠約600基が整然と並んでいます。萩を出て美祢インターから帰路につきます。