コースID:-
冬の風物詩  豊田湖ワカサギ釣り、いで湯の里一の俣温泉名物しし鍋、身も心もあったまり下関市豊田町の1泊2日
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円 (一部不明区間あり)
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
冬季の豊田湖はワカサギ釣りでにぎわいます。12月から3月中ごろまでがシーズンで2月には「ワカサギ釣り大会」が開催されます。宿泊は一の俣温泉へ。名物のいのしし鍋や山ふぐ(コンニャク)のさしみが特に好評です。泉質はアルカリ性単純硫黄温泉で、にっぽんの温泉100選にも選ばれています。翌日はホタルの里ミュージアムへ。この付近はホタルの乱舞が多くみられ、近くの木屋川はシーズンになるとホタル舟が運航されます。このホタル舟はここ豊田が最初といわれています。ドライブの最後には道の駅「蛍街道西ノ市」でお土産を。温泉施設もあってゆっくりくつろげます。※冬場は雪も降る豊田町、お出かけの際は天候や車のチェックもお忘れなく!一の俣温泉グランドホテル 支配人よりナビによる案内で小月から国道491号線を通って一の俣温泉に来られるお客さまがいらっしゃいますが、国道491号線は途中は離合不可能な山道が続きますので、必ず豊田町を経由するルート(県道34号、国道435号)でおいでください。