コースID:-
マイナスイオンと涼を求めて~つるぎの滝めぐりコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
涼を楽しむ、つるぎの滝をめぐるコースです。美馬インターから、国道438号線にて土釜・鳴滝を目指します。土釜は幅2メートルほどの清流がせき止められて3段の滝になったもの。高低差7メートルを落下します。川の浸食作用で川底のもろい岩屑が削られまた磨かれて大きくなったもの。狭い釜の形をした滝つぼには白波が渦巻きそれが岩盤の底をえぐるようにして一の釜、二の釜、三の釜と連なって水流が下り落ちる天然の水門はまさに奇観です。お昼はつるぎの宿岩戸へ。土日祝日のランチタイム限定で「ふるさと料理バイキング」を実施中です。地元でとれたお野菜をふんだんに用いた滋味あふれるお味をお楽しみください。座席に限りがありますので、お越しの際はご連絡くださいませ。(つるぎの宿岩戸 電話番号0883-67-2111)午後からは名瀑 土々呂の滝 を目指します。付近は親水公園として整備されており、滝を巡る遊歩道や展望台からの眺めもお楽しみいただけます。また6月から9月の夜間は、ライトアップもされるため,昼間とはひと味ちがう幻想的な滝の様子も堪能いただけます。直径15メートルほどの滝壺がありますが昔、九州坊という人が滝壺の深さを調べようと身体に荒縄を巻き付けて半日あまりも潜りましたが、とうとう底には着けず、諦めて上がってきて「水中に無数の小蛇が棲んでいた」と言った、との話が伝えられています。見応えのあるつるぎの滝の数々を、ぜひお訪ねください。