コースID:-
徳島県の伝統工芸「藍染」体験とあすたむらんど徳島と鳴門を巡る冬の日帰りドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-/-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
徳島県の代表的な伝統工芸「藍染」。藍の専門博物館である「藍の館」では、藍商人「奥村家」の屋敷を利用し、阿波藍の歴史や製法などが詳しく展示されています。また、事前に予約すると、昔ながらの藍汁を使った藍染を実際に体験することができます。次に「あすたむらんど徳島」へ向かいます。「あすたむらんど徳島」にはプラネタリウムや鏡に囲まれた三角形の空間から広がる巨大万華鏡の世界を体験する「カレイドシアター」などの施設があり、子どもから大人まで楽しめます。続いて「鳴門市ドイツ館」へ。「ドイツ館」は、第一次大戦時板東俘虜収容所に収容されていたドイツ兵士と地元の人たちの交流を記念して建てられました。ベートーヴェン「交響曲第九」日本初演の地としても知られ、当時のプログラムも展示されています。最後に、県内屈指のドライブコース「鳴門スカイライン」で、山と海の素晴らしい景色をお楽しみください。