コースID:-
瀬戸に浮かぶ小豆島は“歴史”と“ロマン”と“現代アート”が貴方を待つ島
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、美しい自然に恵まれた島で、醤油、佃煮、オリーブ製品などの日本有数の生産地です。小豆島の醤油作りの歴史は、温暖な気候と恵まれた海運、良質の塩など、好条件のもとで江戸時代に始まりました。苗羽(のうま)・馬木(うまき)醤の郷では、昔ながらの醤油蔵や佃煮工場が立ち並び、醤(ひしお)の香りに誘われて、のんびり風情ある街並み散策が楽しめます。また、その醤油の元であるもろみ(ひしお)を使って、島で獲れた旬の魚や朝採れ野菜やオリーブの実等を材料として生み出された「ひしお丼」も注目されています。ほかにも小豆島には見所がいっぱい。春日神社付近にある瀬戸内国際芸術祭継続作品の鑑賞、出発日によってはエンジェルロードも散策できます。