コースID:-
道の駅巡り 徳島県南ルート 南阿波コース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
国道55号などを利用し、徳島南部海岸線にある3箇所の道の駅を巡ります。   まずは「道の駅 公方の郷なかがわ」へ 徳島ICから吉野川を渡り、混雑を避け県道29号、120号、16号を経由し、国道55号へ入り南に進みます。小松島市を過ぎ阿南道路を南に進み、阿南市に入れば道路の東側に「道の駅 公方の郷なかがわ」があります。 室町時代より約270年間足利公方が居を構えていたためこの駅名になった。物産館には新鮮な地元の野菜が並び、情報館には喫茶室もあり食事も楽しめます。近くには、歴史民俗資料館、日本最大級の反射望遠鏡を備えた「阿南市科学センター」も見所。   続いて「道の駅 日和佐」へ。 国道55号を南に進み津乃峰交差点でバイパスを左折し国道55号へ、さらに自動車専用道路である日和佐道路を進み四国霊場23番札所の薬王寺を過ぎれば「道の駅 日和佐」。 スダチの酸味が利いた、すだちソフトが人気でJR牟岐線日和佐駅と国道55号に接して立地し鉄道駅に直接入れる珍しい道の駅、道路利用者以外も手軽に利用できます。物産館や、お遍路さんを癒す温泉水利用の「足湯館」などを備え、県南部の中核観光ゾーンとなっています。近郊には、日和佐うみがめ博物館カレッタがあり、ウミガメを間近に見ることができます。   3駅目は「道の駅 宍喰温泉」。 国道55号を高知方面へ行くこと約34km、海部川を越え宍喰湾が見えれば「道の駅 宍喰温泉」はすぐそこです。 徳島と高知の県境、四国山脈を背に黒潮躍る太平洋に面し、「室戸阿南海岸国定公園」のほぼ中央にあり、各種温浴施設やレストラン、宿泊施設等も充実。宍喰漁港より直送の新鮮な魚介類を堪能できます。旅の疲れを太平洋の眺めと温泉で癒してくれる道の駅で、レストランの逸品では阿波尾鶏のかりかり揚げがいただけます。   「道の駅 宍喰温泉」から最寄ICがある徳島市内へは国道55号を約90km。太平洋を眺めながら、北へと進みます。