コースID:-
道の駅巡り 愛媛県南予ルート 肱川・鬼北コース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
愛媛県南予地域 肱川を上り鬼北町へ山間部の道の駅を6駅巡ります。   まずは「道の駅 清流の里ひじかわ」へ。 松山自動車道内子五十崎ICを出て左折し国道56号を大洲方向へ、高速をくぐり次の信号を左折し県道229号へ入ります。国道197号との交差点を左折し、鹿野川ダムに向かって走ると道沿い左側に「道の駅 清流の里ひじかわ」があります。 「道の駅 清流の里ひじかわ」は1級河川肱川に接して立地しており、各種展示会や交流会を定期的に開催しています。新鮮な農産物の直売、地域食材を使ったレストランでの食事、特産品とその加工品の販売も楽しめます。肱川ラーメンが逸品です。 次は「道の駅 きなはい屋しろかわ」へ。 国道197号を高知方面に15.4キロ、約30分走ると「道の駅 きなはい屋しろかわ」へ到着。 地域特産品の展示即売コーナーでは地元の特産品を販売。中でもドイツマイスター直伝の県内産豚を加工した手作りベーコン・ハム・ソーセージが人気の一品。近くのギャラリーしろかわでは「かまばこの絵」が有名です。 続いて「道の駅 日吉夢産地」へ。 国道197号を高知方面へ走り、国道320号に入ってすぐ左に「道の駅 日吉夢産地」。 「道の駅 日吉夢産地」ではシイタケ、柚子、キジや山菜など鬼北町日吉地区の珍しい採れたて野菜が人気。焼きたてパンや四季折々の味が楽しめるレストランなども充実。駅には鬼のモニュメント「柚鬼媛(ゆきひめ)」が設置されています。 「道の駅 広見森の三角ぼうし」へ。 国道320号を宇和島方向へ20.4キロ走り、永野市交差点を左折すると「道の駅 広見森の三角ぼうし」です。 施設中央には5mの巨大な鬼のモニュメント「鬼王丸」が鎮座しています。肩には鬼北町特産の雉が乗っており迫力のあるリアルなつくりは一見の価値あり。店内にも鬼に関連する商品がズラリ。地元特産のキジ肉や柚子の加工品、どぶろくの販売、また自慢のオリジナル商品も豊富に揃っています。 5駅目は「道の駅 虹の森公園まつの」へ。 道の駅を出て国道381号を高知方面へ3.7キロ進めば約7分で「道の駅 虹の森公園まつの」に到着。 四万十川支流、広見川に近く、淡水魚の水族館「おさかな館」、ガラス作りが体験できるリサイクルガラス工房など様々な施設があります。物産市場では地域の野菜、果物、山菜が販売され、桃ジャムが逸品です。 最後は「道の駅 みま」へ。 国道381号を鬼北方面に進み、国道441号から県道57号、31号を経由し約14キロで「道の駅 みま」。 レストランでは地元のおふくろの味を楽しめます。版画家 畦地梅太郎画伯の記念美術館、井関農機の博物館などがあります。レンタサイクルで四万十川流域の探訪もできます。物産館では、新鮮野菜の販売や三間米のお弁当が販売されています。   三間ICへは「道の駅 みま」から0.3キロ、すぐそこです。