コースID:-
冬の筑後路 梅林寺の梅の花と普光寺の臥龍梅を訪ねて!日帰りコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
このコースでは、冬の終わりを告げる梅の花観賞の旅へとご案内します。まず、久留米駅から徒歩で5分の所にある「梅林寺」へ。約500本の梅花が咲き誇り、市民の憩いの広場として知られています。久留米観光コンベンション次に、休憩と食事を兼ねて「べんがら村」を訪れます。地元野菜の直売所をはじめ、和洋中のバイキングレストラン、家族風呂・露天風呂の温泉施設が有ります。次に、迫力ある機械類を備えた模擬坑道、体験遊具などがある「大牟田市石炭産業科学館」で、大牟田の石炭の歴史を学びましょう。次に、県の天然記念物に指定されている「普光寺」の臥龍梅を観賞します。17株の臥龍梅は、まるで地を這う龍のように見え、八重咲き紅梅のピンクの色も鮮やかです。最後に、四季折々の花で飾られ、おみやげコーナーなどがある「道の駅おおむた花ぷらす館」に立ち寄り、岐路につきましょう。花の見頃は、事前に確認してからお出かけください。