コースID:-
【日本風景街道】あまくさ風景街道
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
400円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
※日本風景街道とは…「日本風景街道」とは道を舞台に、多様な主体による協働のもと、景観、自然、歴史、文化等の地域資源を活かし、 美しい国土景観の形成、地域活性化や観光振興を行っていく取組であり、現在九州内には14ルートあります。 九州地方整備局ではその趣旨に則り、道路空間の整備や管理を行う際に、関係自治体と協力しつつ各ルートで 活動されている方々と連携して取り組んでまいります。天草地域は熊本県の南西部に位置する島々で、周囲を東シナ海・有明海・八代海という3つの海に浮かぶ多島海です。美しい青い海に浮かぶ大小さまざまな島や緑深い山々などが織り成す雄大な景観をはじめ、季節を問わず一年中楽しむことができるイルカウォッチング、南蛮文化やキリシタンの歴史を伝える施設などがあり、自然と文化に育まれた島となっています。「あまくさ風景街道」は、その風光明媚な天草の海洋景観を走る道路の中でも、東シナ海・有明海側の「夕日」をキーワードにして、天草を代表する愛着のある主要道路を結ぶルートとなっています。●天草五橋九州本土と天草諸島を結ぶ橋で、昭和41年完成。 三角から大矢野島・永浦島・大池島・前島を経て天草上島まで5つの橋で結ばれています。ここから、眺める夕日は『日本の夕陽百選』にも認定されています。●崎津教会崎津教会は、尖塔の上に十字架を掲げた重厚なゴシック様式で、その堂内は国内でも数少ない畳敷きになっています。 キリスト教の布教が行われたこの地では、1638年(寛永15年)の禁教令以後、激しい弾圧を受けながらも240年間に渡って「潜伏キリシタン」として信仰が守られてきました。●牛深ハイヤ祭り「牛深ハイヤ節」が誕生したのは江戸時代後期と言われ、全国40ヶ所のハイヤ系民謡のルーツとされています。 春の季節、牛深には海上交通の要衝として、海産物などを運搬する帆船が多く出入りしており、この船乗りたちと牛深の女性たちが歌い踊っていたものが、「牛深ハイヤ節」の始まりと言われています。