コースID:-
日本風景街道をゆく~玄界灘風景街道〔福岡~糸島~唐津〕
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
2,220円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
福岡ICより福岡都市高速を経て香椎浜出口で降り、アイランドシティを経由して、白砂青松の海の中道を過ぎると、「金印」の発見で有名な「志賀島」。島内一周のドライブを満喫した後は、再び香椎浜入口より福岡都市高速を利用して、博多まで。呉服町出口で降り、「承天寺(うどん、蕎麦、饅頭の発祥)」、「博多町家ふるさと館」、「櫛田神社」へ。国道202号線を唐津方面に向かい、天神の都市部を抜けると程なく「けやき通りの並木道」に。そのまま西へ行き、福重交差点で県道560号線を海側へ向かいます。明治通りを左折するとそのまま旧唐津街道となります。元寇防塁跡の残る「生の松原」を抜け、県道54号線で糸島半島へ向かいます。日本の夕日百選、日本の渚百選にも選ばれている「二見ヶ浦」、そして日本三大玄武洞である「芥屋の大門」へ。サンセットロード(県道571号線)を経て再び国道202号線(唐津街道)で唐津方面へ向かいます。海岸線のドライブを楽しんだ後は国の特別名勝、日本三大松原のひとつ「虹ノ松原」へ。近くの「唐津城」のあとは県道279号線、国道204号線、県道23号線、県道340号線を通って宿泊地である呼子へ。呼子は、「イカの活き造り」「遊覧船(マリンパル呼子)」「朝市」などが楽しめます。呼子大橋を渡ると「風の見える丘公園」などがある「加部島」へも渡れます。名護屋大橋を渡り、県道301号線で日本の渚100選のひとつ「波戸岬」へ。その先には「唐津市玄海海中展望塔」があります。来た道を戻って再び国道204号線へ。玄界灘を見ながら唐津(福岡)方向へ向かうと左手に巨岩が見えてきます。これが「立神岩」です。再び唐津市内に入り国道203号線、県道259号線、県道32号線、県道315号線を通り、日本の棚田百選にも選ばれた「蕨野の棚田」へ。来た道を戻り、国道202号線、県道250号線で「鏡山」を登ると唐津湾や虹の松原が一望できます。帰路は二丈浜玉有料道路、西九州道、福岡都市高速を通って、福岡ICへ。このコースを参考に自分用にアレンジして楽しいドライブをしてください。