コースID:-
坂本龍馬の足跡を長崎でたどる。
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
 龍馬が最初に踏んだ長崎の地は島原湊です。当時、神戸海軍操練所で塾頭だった龍馬は、海軍奉行の勝海舟と熊本から船で長崎県に上陸したそうです。 島原湊の漁人市場(ふなといちば)で休憩が終わったら国道251号を長崎方向へ。愛野(千々石)で龍馬は1泊したようです。車ならば約1時間の距離ですが、徒歩だとかなり大変だったでしょう。愛野で休憩したあとは「龍馬」の町長崎へ。西の箱根といわれた難所の日見峠も時代と共に整備されて(日見峠 ⇒ 日見トンネル ⇒ 新日見トンネル)スムーズに走れます。 ほとんどが片側一車線の国道です。平日は渋滞も無く、スムーズに流れます。 長崎街道・島原道・北目道などの旧道も残っていますが、自動車は走行不可の道路が多いので注意が必要です。