コースID:-
ぽっかぽか温泉とグルメのドライブ!伊王島のグルメと温泉を楽しむ一日
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
このコースでは、2015年に世界文化遺産の構成資産の1つとして登録された「軍艦島」を望みながら、長崎市香焼町と伊王島を結ぶ876mの伊王島大橋を渡り、伊王島の温泉とグルメを満喫するコースをご案内します。長崎インターを女神大橋方向に進み、R237、R499で野母崎方向へ南下します、三菱造船所の巨大クレーンを見ながら香焼町を通り、伊王島大橋を渡ってください。教会と灯台がシンボルのリゾート「伊王島」に着きます。車はふれあい駐車場にとめて、伊王島をさるいて(歩いて)みましょう。教会、灯台なども有名で、ちょっとしたハイキングコースになっています。さるき疲れたら、「i+Land nagasaki」の天然温泉でリラックスしたあと、長崎ならではの海鮮を堪能してください。【伊王島大橋】長崎市香焼町と伊王島を結ぶ橋長876mの伊王島大橋。伊王島は、長崎市の中心部から南西海上10kmに位置し、かつては炭鉱の島として栄え、現在は天然温泉を完備したリゾート施設「やすらぎ伊王島」を中心にリゾートの島として歩み続けています。橋の開通により、天候に左右されることなく行くことができ、移動時間も市内中心部から約30分と短縮できます。また夕陽をバックに見る伊王島大橋は、とても綺麗です。【馬込教会】禁教令下の1871年、馬込に信徒が建てた小聖堂です。1884年、馬込の信徒がすべてカトリックとなり、1890年にマルマン神父の設計のレンガ造教会ができました。台風で尖塔が倒れ、1931年、現教会が建立されました。【畔の岩這】紫赤色頁岩層をまじえた砂岩、頁岩、礫岩の互層からなる地質で、波による浸食によって、宮崎県の青島にある鬼の洗濯岩のような光景が伊王島でも見ることができます【伊王島灯台】慶応2年(1866)に米・英・仏・蘭の4ヶ国と結ばれた江戸条約によって、全国8か所に設置された中のひとつ。日本で初めての鉄造六角形の洋式灯台で、明治4年(1871)に本点灯しました。昭和20年(1945)原爆で被害を受けたため、コンクリート四角形に、その後、平成15年に建設当時の六角形に復元されました。ドーム型の天井は140年以上経った今も使われています。周辺には、灯台を眺めながら自分で淹れたコーヒーや手煎りのお茶を楽しめるカフェもOPEN。フォトスポットで旅の思い出を撮影することも。【i+Land nagasaki】★JAF会員優待施設2018年4月1日、やすらぎ伊王島は『i+Land nagasaki』と名前を変え、新しいエンターテインメントリゾートとして生まれ変わりました。「NAGI HOTEL(ナギ ホテル)」と「KAZE HOTEL(カゼ ホテル)」がリニューアルオープン。さらに、SUPやシーカヤックなどのマリンアクティビティ、島内サイクリング、ビーチヨガ、全天候型BBQガーデンなどのさまざまなアクティビティが充実!今までよりもさらに伊王島の大自然を体感していただけるリゾートとなります。施設内には食事ができる施設も豊富。和食、BBQ、バイキング、ダイニングカフェなどから選ぶことができます。※ふれあい駐車場(やすらぎ伊王島隣り)より先は通行禁止です。徒歩、低料金バス・自転車レンタルをご利用ください。