コースID:-
「平成新山と1,000万本のコスモスに癒されて」秋の島原の大自然と歴史を楽しむ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
-
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
長崎県南東部の島原半島にある島原市。島原城や武家屋敷など旧城下町の街並みが残り、市内に湧水群のある観光都市です。1990年に噴火が始った雲仙普賢岳。1996年の噴火終息宣言までの長い間には「火砕流」が発生し、報道関係者や世界的に有名な火山学者などを含む多くの方が犠牲となりました。その復興のシンボルとも言えるのが「雲仙岳災害記念館」。大型スクリーンで体験できる「平成大噴火シアター」や、実際に火砕流で被災した実物資料を展示されており、自然災害への備えについて考えさせられます。また、「鯉の泳ぐまち 観光交流センター『清流亭』」では観光情報や特産品情報を収集できます。さらに市の中心部に構える「島原城」、その周辺には「武家屋敷」や「湧水庭園 四明荘」など、歴史を堪能できる観光スポットがあります。郊外には、春には27万株の芝桜で絶景の「しまばら芝桜公園」が、10月上旬から11月中旬にかけて1000万本の「コスモス」に様変わり。平成新山をバックに、色とりどりのコスモスが咲き乱れます。大自然に、歴史に、秋の島原ドライブコースをご堪能くださいませ。