コースID:-
島原市の豊かな自然を楽しむコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/ETC割引後 :
540円/540円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
本コースは島原市の「湧水」や「雲仙岳」などの豊かな自然を楽しむドライブコースです。 〇島原市は、長崎県・島原半島に位置し、西には「眉山」、その奥には1990年に噴火した雲仙普賢岳の溶岩ドーム「平成新山」、東には「有明海」を望む風光明媚な城下町です。 キリシタンをはじめとする歴史的遺産、火山や温泉、街中をゆったりと流れる湧水群などの地域資源を活かした観光都市であり、県下有数の農業地帯でもあります。   島原市の豊かな自然を楽しむコース   【本多木蠟工業所】★JAF会員優待施設 ”伝統” 玉締め式圧搾機で櫨(はぜ)の実を絞り木蝋(もくろう)を製造し続けている日本で唯一の製蝋所です。 イラストの描かれた「絵蝋燭」は、旧来よりの手掛け手法を用いた手造りの物で島原の絵付け師が、一本一本手描きで絵付けしたものです。購入の他に、蝋燭作り・絵付け体験も行っています。  【しまばら火張山花公園】春には10haの園内に、桜200本、シダレ桜30本、菜の花1000万本、つつじ500本、ポピー約500万本と次々に春の花が楽しめる公園となっております。また、秋には、ひまわり6万本、コスモスが1000万本咲き誇り、平成新山をバックに圧巻の眺めです。 【武家屋敷】島原城とならぶメジャースポット、島原城の西側に残る下級武士の屋敷群です。風情のある石垣や門構えに囲まれた街路の中央には、湧水を引いた水路が通っています。3軒が公開されており、当時の生活を今に伝えています。  【島原城】★JAF会員優待施設雲仙岳の東に位置し、日本100名城と県の史跡に指定されています。1624年に松倉重政が築城し、江戸時代には島原藩の政庁や藩主の居城として機能しました。明治の廃城令により建物は撤去されましたが、第二次大戦後に天守と巽櫓、長塀などが復元されました。現在は、天守がキリシタン資料館に、巽櫓は彫刻家・北村西望の作品が鑑賞できる西望記念館になっています。城址内には観光復興記念館が併設されており、雲仙普賢岳の噴火災害について学ぶことができます。  【湧水庭園四明荘】豊かな湧水を利用して造られた独特の風致景観から成る近代の住宅庭園。水屋敷として市民に親しまれてきた庭園の一つで、四方の眺望に優れることから主屋は「四明荘」の異称を持ちます。主屋は明治後期に建築され、庭園は禅僧を招いて作庭したものと言われております。平成20年7月28日に国の記念物に、平成26年4月25日に国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。  【島原温泉ゆとろぎの湯】★JAF会員優待施設ゆとり+くつろぎ=ゆとろぎ島原温泉ゆとろぎの湯は、市民の健康増進のために長崎県島原市が指定管理を行う安心安全の温浴施設です。島原温泉のお湯は肌に優しく抵抗なく入浴でき、特に切傷、火傷、慢性皮膚病に効果があります。 【がまだすドーム】★JAF会員優待施設雲仙普賢岳の噴火活動による自然の脅威と被災体験を次世代に伝えることを目的とする施設で愛称「がまだすドーム」。ハイテク技術を駆使した体験コーナーもあり、火山に関する知的エンターテイメントがギッシリ詰まった一大空間です。趣向をこらした建築は心地よく、有明海の眺望も良い憩いの場です。